財布の寿命

財布の寿命

財布の寿命はよく3年といわれますが、普段の生活で財布の使用頻度が高い人は、この3年にこだわる必要はありません。2年程度で買い替えを検討しましょう。

どんなに金運のある財布でも、たいていは新調した時から2年程度経過すると徐々に低下してくると言われております。

このため、寿命3年の捉われることなく、あくまでも現在の財布の状態を見て判断することが大切です。

まだ、2年とか3年たっていなくても、財布の表面がかすれてきたり、くたびれてきたなと思ったりしたら、それは、買い替え時です。オンボロのサイフを使っていては、お金を引き込む運気は上がりません。

財布はブランドにこだわる必要はありません。大枚をはたいて有名ブランドの財布を買ったはいいけれど、いまいち使いにくいということはよくあることです。高級ブランドの財布が自分に合うとは限らないのです。

また、財布は毎日使うものですから、お金が出しにくかったり、フアスナ−が閉めづらかったりなどと言った些細な不満でも我慢しないことです。こうした小さな不満が積もり積もって、金運に悪影響を及ぼしてしまうからです。

使いやすい財布を選びましょう。その上で、金運に効果があるとされる素材や色などにもこだわってみましょう。

たくさんのサイフの中から、あなたとの出会いを待っている一品を見つけることです。


 

サイトマップ